image
この雨と長崎独特の地形が被害を増幅させました。市街は三方を山に囲まれた、すり鉢状の地形をしています。坂が多い街だけに道路も急激な川に化け、雨水が斜面の家をのみこみながら下っていったのです。長崎市内の繁華街では浸水が2メートルにも及び、車の事故が多発しました。
5
Copyright(C) Weathernews Inc. All rights reserved.
1 10 9 8 7 6 4 3 2 BACK NEXT TOP