image
危険を感じたら、やはり早めに避難することが大切です。水は低い所に向かって集中的に流れます。特に地下は避難経路が限定されますので注意が必要です。停電時は落ち着いてして、停止する可能性があるエレベータはなるべく使わないようにしてください。しかし、とっさの判断は難しいものです。日頃から、自分たちの周囲の危険性を確認し、いざというときのイメージを持つことが大切です。
10
Copyright(C) Weathernews Inc. All rights reserved.
1 9 8 7 6 5 4 3 2 BACK TOP