image
しかし当時の局地天気図では、正午の時点で長野県中部と栃木県付近に局地的な低気圧が発生し、上空の寒気も手伝って、大気の状態はかなり不安定でした。また関東の南部には南よりの風と北よりの風がぶつかる局地的な前線が解析されました。これが午後3時になると、長野県の低気圧と関東南部の前線はともに南下し今後、雷雲が平野部でも発達し、広がることが予想されました。
3
Copyright(C) Weathernews Inc. All rights reserved.
1 10 9 8 7 6 5 4 2 BACK NEXT TOP