image
そして建物への浸水が予想できたら、以下の方法で防ぐことができます。ビニール袋を使った水のう、レジャーや板を使うことも可能です。しかし、これらは水深がまだ浅い段階での対策です。激しい雷雨によっては、あっという間に地下に大量の水が押し寄せたために大きな被害の恐れがあります。
9
Copyright(C) Weathernews Inc. All rights reserved.
1 10 8 7 6 5 4 3 2 BACK NEXT TOP