image
危険を感じたら、早めに避難することが大切です。その際、避難経路の選択には上図のような注意が必要です。しかし、これらの具体的対策も即時の判断で不可能な場合もあります。日頃から、過去の水害の有無など周辺環境の危険性を確認し、緊急時のイメージを持つことが大切です。
10
Copyright(C) Weathernews Inc. All rights reserved.
1 9 8 7 6 5 4 3 2 BACK TOP